主な症状

  • 突然の激しい痛み...腰をひねったりすると激しい痛みを感じる
  • 腰から足への痛み...太ももの裏からつま先までに違和感や痛みがある
  • 腰のしびれ...ピリピリとしたしびれを感じる
  • 腰がだるい...腰に脱力感があり力が入らない

考えられる原因

腰への負担以外にも椎間板変形の要素あり

似た症状でも原因が異なることも

椎間板とは背骨と背骨の間にある軟骨で、周囲が硬く、中央が柔らかい構造になっています。この部分への負担が大きいと硬い層に亀裂が入ることがあり、その亀裂から中央の柔らかい部分が飛び出してしまいます。この椎間板の変形で、しびれや痛みが発生するのです。
椎間板に含まれる水分の減少、遺伝的な要素、また体重増加や重い物を持つなどの腰への負担、運動不足、喫煙などが危険因子としてあげられます。

一般的な治療法

保存的治療
メリット デメリット
安静にする 痛みが徐々に弱まる 時間がかかる
消炎鎮痛薬 痛みが軽減される 中止すると痛みが
再発することが多い
リハビリ 椎間板への負担を
減らすことができる
効果の実感までに
時間がかかる
硬膜外ブロック 痛みを素早く軽減できる 注射の効果が切れると
痛みが再発することが多い

※硬膜外ブロック:局所麻酔やステロイド注射で神経をブロックする療法

手術的治療
メリット デメリット
内視鏡を使ったヘルニア切除 腰の筋肉への少ない負担で
ヘルニアを取り除ける
入院が必要
ヘルニアを取り残す可能性も
PLDD 日帰りでの治療が可能 治療効果が少ないことがある
手術によるヘルニア切除術 しっかりとヘルニアを
摘出できる
入院が必要
腰部の筋肉への負担が大きい

※PLDD:椎間板に直接レーザーを照射する治療法

当院では、これらのデメリットを補い、
より効果的な先進治療を採用しています。