主な症状

  • 手首が痛い...親指側が徐々に痛くなったり、急に痛んだりする
  • 腫れがある...親指側の腫れが強く、のう胞(しこり)ができることも
  • 指が動かしづらい...引っかかりを感じるなど、親指の動作が不自由
  • 指にしびれがある...親指や人差し指にしびれを感じやすい

考えられる原因

腱の酷使と筋肉の凝りに注意

腱の酷使と筋肉の凝りに注意

腱鞘(けんしょう)とは、腱の位置を固定する組織です。関節をたくさん動かして腱を酷使すると、腱と腱鞘との間で摩擦が起こります。その結果、腱鞘が炎症。腫れるなどの変形を起こすことで腱が滑らかに動かなくなり、痛みが発生するのです。
また、筋肉が凝り固まった状態だと摩擦がより強くなるため、腱鞘炎を起こしやすくなります。

一般的な治療法

保存的治療
メリット デメリット
ギプスで固定 痛みが軽減される 固定を外して手を使い始めると、痛みが再発することも
消炎鎮痛薬 炎症が治まり、
痛みが軽くなる
治療前と同じように
手を使っていると再発する
ステロイド注射 痛みが軽減される 繰り返しの注射で、
腱がもろくなることがある
手術的治療
メリット デメリット
腱鞘組織を切開 痛みの原因を取り除くので、
痛みが楽になる
数日間、腱を使えないことも適応にならない腱もある

当院では、これらのデメリットを補い、
より効果的な先進治療を採用しています。