治療費の一部は、返還される場合があります

医療費控除制度が適応される場合、治療費の一部が税金から還付(返還)されます

当センターの関節治療メニューには、医療費控除制度が適応される場合があります。この制度が適応された場合、お支払いいただいた治療費の一部が税金から還付(返還)されます。

医療費控除制度とは?

医療費控除用の確定申告書には、医療費の支出を証明する書類(領収書など)が必要です

国が国民の医療費負担が高額にならないように設けた公的保障です。
1年間(1月1日〜12月31日までの間)にご本人または、ご家族(生計を一にする親族)が支払った医療費が10万円を超える場合に、確定申告で還付金が受けとれます。医療費控除用の確定申告書には、医療費の支出を証明する書類(領収書など)が必要です。

当院では、治療費の領収書を発行していますので大切に保管し、確定申告の際にご提出ください。また、領収書の再発行は致しかねますので、ご了承ください。

還付金を受け取るための、確定申告について

医療費控除に関する事項を記載した確定申告書を所轄税務署に提出します。
◆確定申告書の記載方法については、こちらの『医療費控除用の記載例』を
ご参照ください。