SVF治療かPRP-FD注射かはどの様に決定するのでしょうか?

55歳の女です。パーキンソン病でDBSを受け脳に電極と胸にバッテリーが入っています。
2年ほど前から、膝が痛くなり、いまでは一人では外出できません。近所の整形外科で二週間に一度ヒアルロン酸注射を受けていますが、左は良くなったものの、右は全く効かずに歩くと痛いです。
正座は短時間であればできます。パーキンソン病の症状で加速歩行がでてきて、よく転ぶようになって困っています。
SVF治療法が効くかPRP−FD注射でも効くかどうかは、どうやって見分けられるのですか?PRP−FD注射をやってみてダメならSVFをということでしょうか?局部麻酔で治療できるのであれば、私のように身体に器具が入っていても平気でしょうか?

治療法の選択につきましては身体所見、画像所見を考慮する必要がありますが、進行期~末期の変形性膝関節症の方にはより効果の強い、SVFやSCAFFといった幹細胞を用いた治療法をお薦めさせていただいております。
PRP−FD注射でもある程度の効果は期待できますが、幹細胞治療の方がより長期的な効果が見込めます。
術前に血液検査をさせていただいておりますが、大きな問題がなければ身体に器具が入っていても治療に支障はありません。
よろしければ一度ご来院ください。

関連キーワード