PRP-FD注射について質問があります

PRP−FD注射、また、それ以外の現在の症状の治療法について、御相談させてください。

症状
現在の主な症状は、自覚症状がある順に、
(1)左肩甲骨付近の筋肉・首の硬さ・鈍痛、左腰・臀部の硬さ・鈍痛
(2)右肩甲骨付近の筋肉・首の硬さ・鈍痛
です。
(1)に関しては、2015年1月に左肩甲骨付近の筋肉が硬くなりはじめ、その硬さが、上は首、下は、臀部・腿(比較的外側)の上部に広がりました。
(2)に関しては、10年前に硬くなり始めました。

最近、背中と首のMRIを撮ったところ、頸椎の5番の右側がヘルニア気味であると、医師から言われました。左腰・臀部については、梨状筋症候群なのでは、と言われました。

質問
1.御院で行っているPRP治療は、上記のような硬さ(凝り)や鈍痛を治療するのには効果がありますでしょうか。

2.また、御院で行っているPRP治療以外の治療で、これらの症状に効果のある治療はありますでしょうか。

以下、ご質問にご返答致します。

1.PRP−FD注射は主に筋や腱など軟部組織の損傷の治癒促進や関節の炎症緩和などを目的に行う治療法となります。よって、それらに原因があれば効果に期待できますが、頸椎椎間板ヘルニアによる症状に対しての実績はいまのところ御座いません。

2.マッサージや物理療法の他に、トリガーブロック注射、筋弛緩薬等の内服治療などが考えられます。

以上ご参考にしていただけましたら幸いです。

関連キーワード

この相談を見た人はこんなQ&Aも見ています

  1. 半年前に床に手をついて捻る体操をした時に肩甲下筋肉を傷めてしまい、(MRI撮った時は治ってました) 4ヶ月前から肩が痛み出しMRIを撮り診断は、肩峰下滑液包炎、腱板ソブ炎症、肩甲下インピンジメント、二...続きを見る

  2. 1年半前にキックボクシングを4ヶ月とランニングをやっていて膝が腫れ、水を抜きました。MRIも撮影しましたが半月板の損傷、炎症はみられませんでした。急激に運動をした事が原因の様です。筋トレで膝の周りの筋...続きを見る

  3. メールでの相談をお願いします。 〇症状 ランニングの時に、左膝に痛みがでる。特に、走り始めの約 500m経過後。また、痛みが出ても、しばらく走っていると何故か一時消滅し、再度、発症を繰り返す。通常は、...続きを見る