主な症状

  • 運動時の膝の痛み...運動すると膝のお皿の下側に痛みを感じる
  • 膝を押すと痛い...膝のお皿周辺を押すと痛みを感じる
  • 膝の熱や腫れ...膝のお皿の下側に熱感があったり腫れたりする
  • 急な動きがつらい...ダッシュやジャンプなど、膝を使った俊敏な動きが困難

考えられる原因

筋肉の疲労や柔軟性が影響

筋肉の疲労や柔軟性が影響

膝蓋骨(膝のお皿)の下にあるのが、膝蓋靭帯(しつがいじんたい)。太ももの筋肉の動きを脛に伝える働きを担うこの靭帯に繰り返し強い負荷が加わると、炎症が起きたり小さな傷が入ったりします。また、太ももの筋肉が緊張した状態だとストレスが膝蓋骨周辺に蓄積、その疲労によって発症することがあるため、筋肉の柔軟性も影響します。
バレーボール選手などに多く見られるため、「ジャンパー膝」とも呼ばれています。

一般的な治療法

保存的治療
メリット デメリット
安静にする 損傷した部位の保護で
痛みが軽減する
日常生活が制限される
アイシング 炎症を抑えて
痛みを軽減させる
中止すれば、炎症が再発する
消炎鎮痛薬 痛みが軽減される 中止すれば、痛みが再発する

当院では、これらのデメリットを補い、
より効果的な先進治療を採用しています。