主な症状

  • 筋肉に張りがない...筋肉に張りがなくなり、だらんとした状態になる
  • 損傷部分の内出血...筋肉繊維が断裂し、皮下出血が起こる
  • 筋肉が硬くなる...皮下出血や炎症によって、筋肉が硬直する
  • 損傷部分の陥没...筋肉の損傷部分の凹みが見た目にも分かる
  • 歩行ができない...歩行できないほど激しい痛みを感じる

考えられる原因

負担が大きく疲労しやすい足の筋肉に多発

負担が大きく疲労しやすい足の筋肉に多発

肉離れは、筋肉への負担が大き過ぎた結果、筋線維が部分的に壊れてしまった状態を指します。その要因として、例えば筋肉の疲労が蓄積していること、筋力が不十分であること、ストレッチなど運動前の準備運動不足、オーバーワーク、睡眠不足などが考えられます。
太ももやふくらはぎといった、疲労や負担のたまりやすい足に起こりやすい疾患です。

一般的な治療法

保存的治療
メリット デメリット
安静にする 損傷した部位の保護で
痛みが軽減する
日常生活が制限される
アイシング 炎症を抑えて
痛みを軽減させる
中止すれば、炎症が再発する
温熱療法 筋肉への血流が促進され、
回復が早まる
受傷初期には
行えないことが多い
マッサージ 筋肉を柔らかくすることで、
痛みを軽減する
受傷初期には
行えないことが多い

当院では、これらのデメリットを補い、
より効果的な先進治療を採用しています。