主な症状

  • 膝の腫れ...膝が腫れたり熱感を帯びる
  • 膝のひっかかり感...膝を動かすときにひっかかるような感覚がある
  • 膝が曲げづらい...膝の曲げ伸ばし時に痛みがあり困難

考えられる原因

吸収しきれない強い衝撃による傷

吸収しきれない強い衝撃による傷

膝関節の内側と外側には半月板という軟骨でできたクッションがあり、関節が安定してスムーズに動くよう補助しています。しかし、膝関節に吸収しきれないほどの強い衝撃が加わると、この半月板に傷が入ることがあります。
頻繁に膝をねじったり切り返したりする動作や、急激な体重増加、筋力の低下などが、半月板損傷に大きく関係していると考えられます。

一般的な治療法

保存的治療
メリット デメリット
安静にする 損傷した部位の保護で
痛みが軽減する
日常生活が制限される
アイシング 炎症を抑えて
痛みを軽減させる
中止すれば、炎症が再発する
消炎鎮痛薬 痛みが軽減される 中止すれば、痛みが再発する
ステロイド注射 痛みが軽減される 繰り返しの注射で、
組織が弱くなることがある
手術的治療
メリット デメリット
関節鏡視下半月板切除術 痛みを早急に
軽減することができる
切除する範囲が大きい場合、将来的に変形性膝関節症を起こしやすくなる
半月板縫合術 損傷した半月板の縫合で、
機能回復が図れる
適応外の場合も多い

当院では、これらのデメリットを補い、
より効果的な先進治療を採用しています。