主な症状

  • 肘の痛み...物を持ったり握るときに、肘の内側や外側が痛む
  • 指で押すと痛む...肘の内側や外側を指で押すと痛む箇所がある
  • 肘が腫れる...痛みのある部分が腫れていて熱感を帯びている
  • 手に力が入りにくい...肘の痛みや違和感から、腕に力が入りにくい

考えられる原因

外側と内側の腱への繰り返される負担

外側と内側の腱への繰り返される負担

テニス肘とゴルフ肘は、肘の腱に炎症が起こることで発症します。肘の外側には手首や指を伸ばす筋肉の腱が、内側には手首や肘を曲げたり内側にねじったりする筋肉の腱がついています。これらの腱に繰り返し負担がかかることが、この症状の原因です。
テニスでは外側、ゴルフでは内側の腱への負担が大きい傾向があるため、肘の外側の痛みを「テニス肘」、内側の痛みを「ゴルフ肘」と呼ぶことがあります。

一般的な治療法

保存的治療
メリット デメリット
アイシング 炎症を抑えて
痛みを軽減させる
中止すれば、炎症が再発する
消炎鎮痛薬 痛みが軽減される 中止すれば、痛みが再発する
ギプスで固定 痛みが軽減される 関節が固くなる
ステロイド注射 痛みが軽減される 繰り返しの注射で、
組織が弱くなることがある
手術的治療
メリット デメリット
切開術 腱の付着部の切開で、
痛みが減少する
痛みが改善されない
こともある

当院では、これらのデメリットを補い、
より効果的な先進治療を採用しています。